ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< かっこよすぎやで | main | でも、お話はここから >>
2016.10.15 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.09.10 Monday

'Cause I'm the Slender man !



この画像、怖い画像系のスレ(またはそのまとめブログ)が好きな人は見たことある人多いと思う

一見平和そうな風景なのに実は…という不気味なこの画像、いっつも説明無いし何なのこれ〜とずっともやもやしてました

昨日、右上にヒントあるやん!と気づいて調べてみました。。。

City of Stirliing libraries local studies collection

スターリング図書館 地域研究コレクション かな

City of Stirliing libraries で検索しようとしたら、入力候補に slender man なる人物(?)が登場

スレンダーマンの正体に迫る!!

slender man で調べて一番最初に会ったサイトを(weblio辞書の力を借りながら)訳してみた

Slender Man | Know Your Meme

スレンダーマンについて

スレンダーマンは、背の高い痩せた姿で、黒い服を身にまとい、のっぺらぼうな顔をした架空の生き物でである。

言い伝えによれば、腕を伸縮させることができ、背中からは触手のようなものが突き出ているという。

こいつは、記憶喪失や不眠症、妄想、slendersicknessといわれる咳きを引き起こし、そして、写真やビデオのゆがませ、テレポーテーションすることもできるともされている。

ファンアートや創作のcreepypasta※、モキュメンタリー映画であるブレアウィッチプロジェクトの影響を受けた都市伝説である。

※creepypasta…インターネットで広がっている怖い話。ネットロアとか怖いコピペってかんじなのかな?

copypaste (コピーペースト)というネットスラングからきているそうな。

ものによっては、怖い話と一緒に画像や音楽、動画もついてくるらしい。

What Is Creepypasta? - Creepypasta Wikiより)


起源

2009年6月8日、サムシングオウフル(SA)フォーラムによって心霊写真のフォトショップコンテストが開催された。

このコンテストでは、参加者は普通の写真を加工して不気味な写真に変えること、そして、本物の心霊写真として、いくつかの心霊フォーラムから認められることが条件とされていた。

SAの利用者は、よりそれっぽくするために証拠を捏造し、幽霊やほかの異質なものを合成した心霊作品をすぐに披露し始めた。

6月10日、SA利用者のヴィクター・サージは、子供に忍び寄る不気味な生き物「スレンダーマン」について説明した、2枚の白黒写真を投稿した。




 
「私たちは、死んでしまうことも(何かすることも?)、彼らを殺すことも望んでいなかった。たが、延々続く静けさと、広げられた腕たちは、私たちを恐怖のどん底に突き落としたと同時に、心安らかにもしたのである。」 1983年 カメラマン不明 (死亡したと推測される)

2枚のうち1枚は、スターリング(スコットランドの都市)の市立図書館で火事の中から発見された。14人の子供たちが行方不明になった日に撮られたものとして、「スレンダーマン」という名で知られている。公式には、この奇形の姿はフィルムの不具合とされている。そして、一週間後に図書館で家事が起こり、証拠として写真の実物は没収された。 1986
カメラマン:マリー・トーマス 1986年 6月13日 行方不明


※説明文について、翻訳にまったく自信がないので原文載せておきます。。。

上のがマジで分からん。themは何を指してんの?子供?スレンダーマンの腕?あとcomfortedって不安がなくなる=殺されたってこと?

“We didn’t want to go, we didn’t want to kill them, but its persistent silence and outstretched arms horrified and comforted us at the same time…” – 1983, photographer unknown, presumed dead.

One of two recovered photographs from the Stirling City Library blaze. Notable for being taken the day which fourteen children vanished and for what is referred to as “The Slender Man”. Deformities cited as film defects by officials. Fire at library occurred one week later. Actual photograph confiscated as evidence. – 1986, photographer: Mary Thomas, missing since June 13th, 1986.


2009年6月11日、ヴィクター・サージは、新たな写真や偽造した学者の報告書をを追加し、この都市伝説を改良し続けた。

そんなある日、SA利用者のLeechCode5によって、スレンダーマンの素性と燃え盛るビルの写真が投稿された。

6月14日には、SAの愚か者TrenchMaulがスレンダーマンのキャラクターを自分の物語として再利用した。

すべての始まりとして判明しているスレッドは、2011年6月現在まで伸び続けている。

元ネタ

スレンダーマンは、2003年に Ben`Yahtzee' Croshaw によって発表された「Chzo Mythos」というアマチュアアドベンチャーゲームシリーズに影響されているのではないかと思われている。

ゲームにおいて、メインの悪役農地の一人は「Cabadath」、「Tall Man」と呼ばれている。

そのゲームの第三弾にあたる Trilby's Notes で最初に彼が現れたとき、背が高く痩せていて、高い襟と床に着くまでのすそをもった黒く長いコートを着ており、その顔はまっさらであると描写されている。

冒険の間中、この背高男は主人公に付きまとい、殺そうとしてくるのだ。



Der Grossman は、ドイツ人にとって「偉大な人(The Grat Man)」であり、「背の高い男(The Tall Man)」と言われることも多い。

空想生物の起源「In Game」として神話に書かれた、16世紀からある背の高い怪物についてのドイツの民間伝承として語られている。

TribeTwelveシリーズとして最初にスレンダーマンが使われてから、多くの怖いコピペとして再利用されている。


他の呼び名としては、 Schwarzwald(黒い森:ドイツの実在の場所で、怪物がはじめて現れたと言われる)、Der Ritter(騎士:16世紀における Hans Freckenberg 作の、不思議な姿のものたちがと戦っているの木版画に基づいている)がある。

2011年5月17日、Encyclopedia Slenderia は、オリジナルの版画にはなかったたくさんの手足があったことを示す記事を発表した。

以上!!

いやその後も続いてるんだけど。。。もう疲れたし。。。やることあるし。。。

スターリン図書館の火事、Der Grossman、Hans Freckenbergについて調べてもスレンダーマン関係のサイトばっか出てくるわ 調べ方が悪いんかもしれんけど

そして、英語力皆無なこの文章を読んでくださった人たちへ、、、

原文読むか、カタカナで「スレンダーマン」で検索したほうがいいよ!!!!!笑

間違ってるとこあったら教えてくだちい!!!!!!!


↓↓以下、翻訳中に発見したものたち↓↓

,覆鵑砂鉄っぽい動画

unnamed soundsculpture from Daniel Franke on Vimeo.



creepypastaについて調べてたらこういうのがいっぱい出てきたから、てっきり「白塗りお化け」のことなのかと思ってしまった。

Creepypasta Series Addendum: Jeff's Alt. Costumes by ~dimelotu on deviantART
2016.10.15 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR